けんぞーの日記

アラサー無気力男の日記です。下ネタから自身の日記に至るまで内容盛り沢山です

コンビニ人間

今回読んだ本はこちら

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

主人公の古倉恵子は子供の頃から変わり者だった

 

死んだ小鳥を見て周りの子供が悲しんでいる中、彼女は母親の元へ駆け寄り食べようと提案する。母親は驚愕し、そのようなことは言ってはならないと窘める

 

周りの子供たちは死んだ小鳥を弔うために墓を作り、そこにちぎってきた花を供える。それは古倉から見れば花を殺す行為であり、それは許されることが理解できなかった

 

彼女は度々学校で問題行動を起こす。彼女にとってはなんらおかしなことではないが、周りの大人達からは異質なものに見えた

 

両親は彼女の異質な言動が治るように祈り、彼女自身も治らなくてはと思うようになる。その結果、彼女は能動的に行動することを止めてしまう

 

彼女が大学生の頃コンビニのバイトを始める。マニュアル化された世界で彼女は正常な世界の一部になれたと感じる

 

それから18年。彼女はコンビニという世界で正常な世界の一部として生き続ける

 

彼女はコンビニという世界で普通でいられる手段を手に入れた。他の店員の口調・身につけているものを真似、彼女は必死で普通でいようとする

 

しかしながら、彼女が普通を手に入れようとして働いてきた18年は、より一層彼女を普通ではない世界に誘う

 

周りは結婚・出産をして普通の世界の住人として生きる。古倉は結婚どころか彼氏もできずずっとコンビニバイトだ

 

周りは訊く。なんで結婚しないの?なんでアルバイトなの?と

 

この『なんで』という疑問詞は残酷だ。訊かれたほうも答えられない。この物語の主人公もその問に対して普通の人が納得できる答えを持っていない。恐らく多くの人は答えられない。なんとなくそっちのが楽だからという答えも許されない。普通でいられないことには論理的な理由が必要なのかもしれない

 

物語の終盤。彼女は男と同棲してることがバイト先のコンビニにバレてしまう。そこには恋愛感情もなければ体の関係もない。ただいるだけなのだ。彼女の感覚では飼っているに等しい

 

しかし周りは勝手に想像して勝手に盛り上がる。コンビニの業務そっちのけだ。その瞬間彼女にとっての普通でいられる世界は崩壊する

 

絶望した彼女はそのコンビニを辞めてしまう

 

飼っている男から派遣社員となって働くよう命じられた彼女は、面接のために外に出るが、たまたま目についたコンビニに入店する

 

そのコンビニは彼女のマニュアル通りではなく、店員は忙しそうだし陳列もダメダメ。その時彼女は咄嗟にコンビニ店員として振る舞い出す

 

「いらっしゃいませ」と声を上げ、商品の陳列をやり直す

 

僕はこのシーンを読んで絶望してしまった。古倉恵子は希望を見つけてしまったんだと

 

普通であり続けようとした。ずっと戦ってきた。その向こう側の世界は彼女にとって希望があったのではないかと

 

僕は普通じゃない。学校が嫌いだった。友達も少なかった。大人になってからはニートになった。働いても辞めたくなってすぐに辞める

 

気づけば29歳。周りの友達は結婚した。子供も生まれた。マイホームを購入した奴もいる(今年に入って二人離婚したけど)

 

僕は普通になれない。普通になろうとしてもなり方が分からない。普通との戦いの先に希望が見出だせない

 

そんな僕が最後のシーンを見て絶望した。これまで引きこまれていた小説の世界観が崩壊したように思えたから…

 

以上が感想です。純文学の感想って難しい。ミステリならトリックが云々とか、アリバイが云々とか言えるけど。やっぱ読解力がないなぁと改めて思う

 

この小説は面白かった。芥川賞受賞作はたまに本屋で目についたら買う程度なんだけど、たいていの作品はハマれない

 

これまでハマったのは西村賢太氏の苦役列車くらい

 

苦役列車 (新潮文庫)

苦役列車 (新潮文庫)

 

 

ページ数も少ないし、読みやすいので普段純文学読まないって人は読んでみてもいいと思う

 

じゃぁ、またね