読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんぞーの日記

アラサー無気力男の日記です。下ネタから自身の日記に至るまで内容盛り沢山です

佐賀の天才少年ハッカーが県の教育情報システムをハック!!

前回このような記事を書いた

 

moratorium.hatenadiary.com

 

これは佐賀在住の17歳の少年が有料放送を無料で視聴できるプログラムを作り、それをネットでばら撒いて逮捕された事件(この時点で天才なんだがアホなんだかって感じだがw)

 

そして、その17歳の少年が再逮捕された。容疑は不正アクセス禁止法違反

 

なんでも佐賀県教育委員会が導入している教育情報システム『SEI-NET』や校内のネットワークシステムに侵入し、佐賀の県立高校の生徒らの情報を盗んだもよう

 

詳しいことはニュース記事に書かれているので読んで欲しい

 

www3.nhk.or.jp

 

にしても、この子は凄いね。感心するわ

 

校内ネットワークについては、学校の無線LANの電波を傍受、パソコンの情報を偽装して侵入したとのこと。IPアドレスを偽装してルーターを騙したのだろうか。技術的なことはさっぱりだが、素人の僕からしたら凄いと思う

 

また『SEI-NET』に関して言うと、アクセスするためのPWとIDを手に入れて侵入して、自作の攻撃ツールでセキュリティホールをついたみたい

 

この自作ツールってのがもえる。漫画やアニメの世界だけだと思ってた、自作の攻撃ツールなんて

 

この『SEI-NET』というシステムは全国で先駆けて佐賀県が導入。佐賀県は教育のIT化を推進する自治体なのだ

 

新しいシステムというのはリリースした後でも気付かないバグやセキュリティホールなどの欠陥はある。だからIT企業は自社のサービスに欠陥があった場合賞金を出すなどして外部のホワイトハッカーを利用する(日本でもやってるかな?)

 

自治体の場合は資金難からそれができないだろうし、ましてやITなんて先駆的なものを仕切ってるのがITに疎い公務員連中では知能犯には歯がたたないかもしれない

 

前回の記事にも書いたが、この少年が犯したのは犯罪なので許されることではないが、素直に彼の技術は素晴らしい

 

牢屋になんて入れないで、もっと有効に活用するべきだ

 

政府がハッカーの育成は急務だ!とか言ってるが、とっととこういう子を利用した方がいい。今の時代、ひとりのハッカーが何十万の兵士に匹敵するくらいの価値があるのだから

 

ホント、王様達のヴァイキングみたいだった

 

じゃぁ、またね

 

※この少年はハッカーではなくクラッカーやブラックハッカーという風に言えますが、わかりやすくハッカーと言いました