読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんぞーの日記

アラサー無気力男の日記です。下ネタから自身の日記に至るまで内容盛り沢山です

取り調べ時の可視化法案が成立

今日の気になる記事はこれ

 

headlines.yahoo.co.jp

 

可視化法案が成立した

 

逮捕前や起訴後の任意の取り調べは対象となっていない。これに関しては、野党や弁護士会が反対している

 

これに関してはその通りで、任意の段階でむちゃくちゃやる可能性もあるので、ここの部分に関しても法的に可視化の対象とするべきだった。国家直営の暴力団である警察相手に一般市民だけでは太刀打ち出来ない場合も当然ながらあるし、それにより冤罪を生む可能性もあるからだ

 

個人的には録音・録画はあまり推奨しないというか、やらないよりマシだよねという程度

 

取調室に入ってから出るまでを裁判で延々と流すわけにはいかないだろうから、間違いなく編集するだろう。その際、警察・検察にとって都合の悪い部分はカットされたり、または裁判員に誤解を与えるような編集をする可能性が高い

 

僕は取調の際は弁護士の同伴を義務付けるべきであると考える

 

そっちの方が公平性が高い

 

それに弁護士はいま就職難で、きちんと就職できる弁護士は少なくなっている。仕事が増えたほうが、弁護士の雇用も生むだろう

 

問題は弁護士が不足している地方でそれができるかどうかだが…

 

そしてこれと同時に、通信の傍受の拡大と司法取引に関しても法案が成立した

 

通信の傍受は賛成だ

 

これまでの自白に頼らざるをえなかったのは、物的証拠の不足が原因の部分もあるのでもっと合法的に証拠を集める術を認めるべきだ

 

囮捜査や潜入捜査もできるようにして欲しかった所(なぜか麻取はそれが認められている)

 

司法取引は経済事件を主に対象としている

 

詐欺の手口が組織化・複雑化してる世の中だ。有効に活用してほしいところだ

 

じゃぁ、またね