読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんぞーの日記

アラサー無気力男の日記です。下ネタから自身の日記に至るまで内容盛り沢山です

孤独の定義~自身の経験から定義付けしてみた~

僕の中で結構重要なテーマ

 

孤独の意味を辞書で引くと、だいたい「ひとりぼっちの様」という感じのことが書かれている

 

国語学的に言うとそうなんだろうけど、僕の中では違う

 

僕が定義する孤独の意味は「退屈な様」だ

 

僕は主に一人で生活することが多い

 

特にここ数ヶ月は無職ライフを送っているため、余計に他人と会わなくなった

 

確かに「寂しい」「つまらない」という感情が沸き起こってくることもある

 

しかし、漫画を読んだり、好きなアイドルの音楽を聴いたりしている間は、一人であっても、孤独感や寂寞感は一切感じない

 

逆に人と会っていて、孤独を感じることがある


昨日は上京している友人が帰省するということで飲み会が開かれた(僕は全力で断ったが、結局参加させられた)

 

そこでは、子供の相手をして盛り上がっていたり(子供を連れてきたメンバーがいた)、他方ではゲームの話をしていたが、僕はそういうのが楽しいとも面白いとも思わなくて、なんか盛り上がれない


なので、人がいてもそういう退屈な時は孤独だ(大人しいな具合が悪いのかと聞かれたが、楽しくないことで盛り上がれない年齢になったのだ)

 

僕は『これからどう生きたらいいか』『どう働いていけばいいのか』というような『未来のカタチ』について話したいのに…

 

上記に書いたように、僕は自身の経験から自身の孤独の定義を作った

 

皆さんはどんな孤独の定義を持っているのだろう

 

機会があれば是非聞いてみたいものである

 

じゃぁ、またね