読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんぞーの日記

アラサー無気力男の日記です。下ネタから自身の日記に至るまで内容盛り沢山です

若者がCDを買わない時代に思うこと

スマホのニュースアプリを眺めていたらこんな記事が掲載されていた

 

biz-journal.jp

 

ネットの普及により、こうなることは必然だ

 

YouTubeを見れば、懐メロから最新の楽曲までが映像付きで楽しめる

 

少し前まで、それらは違法にアップロードされたものが多かった。しかし、現在はレコード会社が積極的にMVを公開している

 

記事のインタビューにもあるが、音楽はYouTubeで済ませていると言う子が出てきてもなんら不思議じゃない。僕も聴きたい音楽があればまずはYouTubeで検索を掛ける

 

そして、外出先で楽しみたければ、レンタルしたものやダウンロード販売で購入したものをスマホで聴くのだ

 

これらのことから、もうCDを売る時代じゃないのは必然なのだ。そのうちダウンロード販売というスタイルも徐々に廃れていくだろう。なんせ、定額のストリーミングサービスでさえ敬遠する子が出てきてしまう時代になった

 

これからはCDや楽曲を売ることでは稼げない。本気のファンじゃないかぎりコンテンツに金を払わない。そんな時代にこれから先、音楽業界はどのように生き残るのか。非常に楽しみである

 

個人的な意見

これからコンテンツに金を払わない時代が来る、というかもう来てる。そうすると音楽をやってても稼げない。もう昔みたいに夢がない。だから誰も音楽をやらなくなる

僕はそれならそれでいいと思う

音楽をやらなくなるというのは、商業的にやらなくなるというだけで、表現したい人たちがしがらみに関係なく自由に音楽ができる時代になるといことだ

誰かの顔色を伺い、つまらない音楽を生産するより、そっちの方がよほど表現らしいと思う

 

じゃぁ、またね