読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんぞーの日記

アラサー無気力男の日記です。下ネタから自身の日記に至るまで内容盛り沢山です

履歴書の電子化が普及して欲しい

ただいま就職活動まっただ中なのだが、毎回毎回履歴書、その他関連書類を作るのが面倒くさい。しかも会社によっては履歴書はJIS規格に則ってないとダメだという。そんなこと言ってんの日本だけじゃないのだろうか

 

また、就・転職サイトでは予め自分の情報を登録しておいて、エントリーした際にその情報を会社側がチェックできるのだが、それで充分じゃないかと思う時もある

 

僕は履歴書をパソコンで作るのだが、それ以外にも職務経歴書や郵送の際には鏡文をつくる。それをコンビニで印刷して(家にプリンタがないから)、封筒に入れて郵便局へ出しに行く

 

しかもこれらの経費はタダではない。まずはプリント代が必要だ。その次に郵送代。そして証明写真の撮影費用。だいたい一通送るのに200円くらいかかっている。つまり、応募するだけでそれなりに時間とコストがかかるのだ

 

では、履歴書の電子化をどのようにするべきなのか

 

基本はスマートフォンを使用した履歴書・職務経歴書アプリが普及するべきだ。志望動機などはエントリーする会社ごとに入力しなければならないが、その他の情報は一度入力してしまえばそのままでいい

 

利点は他にもあって、情報を入力する際、個人情報や経歴を自動入力するように開発すれば、入力する手間も省ける(郵便番号を入力すれば自動で住所が入力されるとか、平成◯年 〇〇高校入学 と入力すれば自動的に 平成◯年 〇〇高校卒業と入力されるとか)

 

証明写真はスマホで自撮りすればいい。背景が白の壁の前に立って友達に撮ってもらうか、自撮りすればコストはゼロ

 

あとは応募したい会社にデータを送ればいい。例えばPDF化させてメールに添付とかね

 

アプリを求人サイトや就・転職サイトと提携させてしまってもいい。アプリで作成した履歴書や職務経歴書をエントリーの際そのまま送信できるようにすれば、メールしなくてもいいし

 

就・転職活動のハードルがもっと下がれば、もっと市場は盛り上がる気がする。市場関係者のみなさん頑張ってください。そうすればこんな僕でも一ミリくらいは就労意欲が湧くかもしれないw

 

最後に

 

日本の就活は無駄が多い。それと異常なくらい形式主義だ

 

履歴書は手書きで、職務経歴書はパソコンで作れがテンプレ。それはなぜか、僕が思うにそれは評価が簡単だから。言った通りのことをできているかいないか、それだけを基準にしたほうがふるいにかけやすい

 

でも、そんなことの為に無駄な時間やコストを掛けるのは賢くない。合理的にやる部分は合理的に、慎重にやるべきところは慎重に、柔軟に対処すべきところは柔軟に。それらを心がけるだけで日本の就活市場は大きく発展し、企業が優れた人材を確保できるかもしれない、求職者は自分の能力を活かせる企業と出会えるかもしれない

 

じゃぁ、またね