読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんぞーの日記

アラサー無気力男の日記です。下ネタから自身の日記に至るまで内容盛り沢山です

やりたいことの見つけ方

僕みたいに、頻繁に仕事を変えていると「やりたいことは何なの?」とよく聞かれる。

その度に、それが分かったら苦労しなんだけどな…。と思いつつ、「さぁ、なんなんでしょうね」と笑顔で返す。

この質問をする時、人は「やりたいこと=仕事・職業」を意識して尋ねているし、聞かれている方も、それを聞かれているだろうなと思って、応えているはずだ。

僕は子供の頃からやりたいことなんてなかったし、それは今も変わらない。

よく、こういうサービスや商品があったらいいなとは考えるけど、自分で起業する気もない。

「やりたいこと=仕事・職業」として捉えると、なかなか見つからないんだけど、「やりたくないこと」を挙げていくと、その条件を満たしてることこそが、やりたいことなんじゃないかと思うことがある。

僕の場合、働くことの何が嫌なのかちょっと挙げてみる。

・毎日同じ時間に起きて、同じような仕事を同じメンバーでやって、同じ時間に帰る。固定化された毎日が嫌だ。

・早起きしたくない。仕事をするなら昼から5時間程度がいい。

・嫌なヤツとは仕事したくない。人間関係を選べないのが嫌だ。

・できるだけ他人とコミュニケーションをとりたくない。電話対応や接客もやりたくない。

・仕事をするということは、責任を負うということだ。責任嫌だ。責任の軽い仕事がいい。

・仕事をすると、あの書類にミスはなかったか。あのときはあの対応で間違いがなかったと不安になって仕方ない時がある。これは性格なのでしょうがない。

だいたい、こんな感じ。

僕は大卒後ニートをやっていたが、半年ほどでゲーム屋のアルバイトへとジョブチェンジしている。

接客は嫌だったけど、それ以外は上記の条件を満たしていたので、働いていてそこまで苦じゃなかった。

だから上記の条件を満たす働き方が通常の会社員的働き方より向いているのは確かなようだ。

僕は、ここ数年上記の希望を引っ提げて仕事探しをしたが、上手く行かずに結局事務職ばかりやって、嫌になって辞めている。

やりたいことが見つかったからと言って、理想の職に就けるとは限らない。

う~ん、仕事探しは難しい(´・ω・`)

では、またね。